MENU

子宮内膜症が流産の原因になることあるの?

子宮内膜症ってどんな病気?

子宮内膜症とは、子宮内膜に似た組織が、子宮以外の場所で増殖と剥離を繰り返す病気です。20代~30代にかけて発症率が増加し、40代でピークに達します。
子宮内膜に似た組織の増殖と剥離はエストロゲンという女性ホルモンによってコントロールされているため、閉経を迎える50代後半以降になると、患者数は急激に減少します。
女性が若い頃に子供をたくさん産んでいた時代には、あまり見られなかった病気ですが、晩婚化・晩産化が進む現代では増加傾向にあるといわれています。

 

子宮内膜症の症状は?

子宮内膜症では、以下のような症状が見られます。

 

月経痛

子宮内膜症を患っている人は、月経痛を訴えるケースが多いとされています。最初は我慢できる程度の痛みだったものが、段々耐えきれないほどの痛みになり、鎮痛剤を飲んでも痛みを抑えられないといった症状が現れる場合があります。徐々に痛みの増す月経痛があるという人は、子宮内膜症を疑った方が良いかも知れません。

 

出血が多くなる

月経時の出血量が多くなるのも、子宮内膜症の症状の一つです。今まで使っていたナプキンでは間に合わず、日中でも夜用のナプキンを装着しないと漏れてしまうといった症状が現れます。出血量が増えることで、貧血などの症状を訴える人も多いようです。

 

性交痛

病変がダグラス窩と呼ばれる子宮と直腸の間のくぼみや、子宮を支える靭帯などに出来ると、性交時に痛みを覚えることもあります。性交の度に痛みを感じるという人は、子宮内膜症以外の病気が隠れていないかも含めて、産婦人科で一度、詳しい検査を受けてみた方が良いかと思います。

 

他にも、排便時の痛みや下痢、頭痛、吐き気、嘔吐、発熱などの症状が引き起こされる場合があります。月経の度にこのような体調不良に悩まされるという人は、子宮内膜症の可能性を疑ってみる必要があります。

 

子宮内膜症と流産の関係

最初に述べたように、子宮内膜症は不妊の原因になります。
子宮内膜症によって卵巣や卵管が癒着し卵子の通りが悪くなって不妊が起きるケースもあれば、卵子の通りは悪くないのになぜか妊娠できないケースもあります。
そのため、現在では子宮内膜症があること自体が、妊娠にとって不利な要素なのではないかと考えられています。

 

ただし、子宮内膜症と流産の関係については、現段階では明らかにされていません。
いずれにしても、子宮内膜症の存在が妊娠にデメリットをもたらすことははっきりしているため、早期発見・早期治療が大切だと言えるでしょう。

 

更新履歴