MENU

子宮内膜症って?何が原因なの?

子宮内膜症とは?

子宮内膜症とは、子宮内膜によく似た組織が、卵巣や腹腔内など、子宮以外の場所で増殖・剥離を繰り返す病気です。通常、子宮内膜はエストロゲンという女性ホルモンの作用によって増殖し、月経を迎えると剥がれ落ちて、膣から体外へと排出されます。しかし、子宮以外の場所で増殖した組織は体外に排出することができないため、血液の固まりとして更に増殖を続けたり、周囲の臓器と癒着したりして、様々な障害を引き起こす原因となってしまうのです。
女性が若い年齢がたくさんの子供を産んでいた時代はあまり見られなかった病気ですが、ライフスタイルが変化し、35歳以上の高齢で初産を迎える人も増えた今、20代~40代にかけて患者数は増加傾向にあります。

 

何が原因で発症するの?

子宮内膜症の原因は未だにはっきりとは解明されていませんが、以下のような理由が発症に関与しているのでないかと考えられています。

 

晩産化や少子化

子宮内膜症は、エストロゲンに曝露される期間が長ければ長いほど、発症リスクが増加する病気です。近年は女性の社会進出が進み、ある程度の年齢になってから子供を産む人や、1人しか子供を産まない人も増えています。
妊娠中や授乳中は月経が停止するため、エストロゲンに曝露される期間も自ずと短くなります。しかし、妊娠年齢が高かい場合や、出産回数が少ない(もしくは無い)場合は、曝露期間も長くなり、その分、子宮内膜症に罹るリスクも増加すると考えられているのです。

 

月経血の逆流

月経血の逆流も、子宮内膜症の原因の一つに挙げられる要素です。通常、月経血は膣を通って体外に排出されますが、その一部が子宮と卵巣をつなぐ卵管を逆流し、腹腔内に入り込むことで、卵巣や腹膜などで子宮内膜に似た組織が増殖してしまうのではないかと言われています。

 

他にも、本来は腹膜になるはずの組織が子宮内膜に似た組織に変化して発症する、ストレスによって発症するなど、様々な説が言われていますが、明確な原因は分かっていません。

 

ただし、妊娠・出産の経験が多い人に子宮内膜症が少ないというデータがあることから、妊娠・出産が子宮内膜症のリスクを低減させる確実な要素の一つだということは明らかのようです。

子宮内膜症と診断されたら
子宮内膜症は、放置すると不妊の原因にもなる恐ろしい病気です。子宮内膜症の治療には、エストロゲンの働きを抑えるホルモン療法や、手術などの方法があります。「もしかして子宮内膜症かも?」と思ったら、早めに産婦人科を受診して、詳しい検査を受けられることをお勧めします。